オーバーフロー水槽について|業務用水槽・活魚水槽・生簀の専門業者

活魚水槽

活魚水槽のことならお任せください! 03-3397-0037

水槽の豆知識コラム

  1. TOP
  2. > オーバーフロー水槽について

オーバーフロー水槽について

オーバーフロー水槽について

業務用水槽や生簀の販売・オーダーメイドを行う当社にもご発注の多いのが、「オーバーフロー水槽」。非常に優れた機能を持つ水槽として、近年導入する店舗様が増えています。今回は、オーバーフロー水槽の魅力を知っていただくため、仕組みなどの基本的なところから、メリット・デメリットまでを一通り解説していきます。導入をご検討の方は、ぜひ最後までご覧ください。

オーバーフロー水槽の仕組み

オーバーフロー水槽の仕組み

水をパイプで水槽の下へと導いて、もう1つの水槽(濾過槽)に集め、そこで濾過した水をポンプで再び上の本体水槽に汲み上げるのが、オーバーフロー水槽の基本的な仕組みです。

「本体水槽の水が溢れて濾過槽に落ちる→濾過槽できれいにした水を、再び上の本体水槽に汲み上げる」――オーバーフロー水槽は、これを繰り返して常にきれいな水質を保っています。なお、下の濾過槽では、濾過マットによる物理的濾過、および濾過槽内のバクテリアによる生物的濾過が行われるのが一般的です。

オーバーフロー水槽のメリット

濾過能力が高い!

一般的な水槽は、濾過槽を水槽内部に設置しています。これに対し、オーバーフロー水槽は本体水槽の外に濾過槽を設けるのが特徴です。濾過槽のサイズは自由に決めることができ、濾過材の量も自由に増やすことができます。そのため、優れた濾過能力を得ることができ、常に安定した水質を保てます。

理想的な水質を確保できるため、オーバーフロー水槽は主に、飼育が難しいとされる海水魚の水槽として多く用いられています。もちろん、淡水魚の水槽としても活用可能です。特に大型水槽には最適で、安心して魚を飼育できます。

水量を確保できる!

オーバーフロー水槽は、濾過槽が外部に設置されるため、本体水槽の大きさを生かすことができます。濾過槽の水量も加わるため、同等のサイズの水槽と比較した場合、2倍ほどの水量を確保できます。魚にとって水は多いに越したことはありませんので、十分な水量を確保できるオーバーフロー水槽は最適です。

見た目がすっきりする!

オーバーフロー水槽内には、中の水を濾過槽に落とし、濾過槽できれいにされた水を汲み上げるオーバーフロー管しかありません。そのため、見た目が非常にすっきりしています。サーモスタット(ヒーター・クーラー)や殺菌灯などの器具類は濾過槽に設置できるため、本体水槽の外観には影響が及びません。水槽内を自在にディスプレイでき、照明・ライトアップの効果も際立つため、特にインテリア性が重要な割烹料理店や鮮魚店、寿司屋や中華料理店などにはおすすめです。

水替えが簡単!

オーバーフロー水槽の水は濾過槽で交換できるため、非常に手軽に済みます。面倒な水替えの手間も軽くできます。

オーバーフロー水槽のデメリット

オーバーフロー水槽のデメリットを挙げるとすると、値段が高いことでしょう。2つの水槽に加えてオーバーフロー装置も必要になるため、一般的な水槽に比べるとどうしても費用は割高になります。
また、重いこともデメリットだと言えるでしょう。重量がある分、移動も難しくなります。なお、オーバーフロー水槽はガラスでは加工が難しいため、主にアクリルが用いられます。

まきたのオーバーフロー水槽

まきたのオーバーフロー水槽

まきたでは、様々なサイズのオーバーフロー水槽をご用意しており、オーダーメイドも承っております。できる限りお客様のご要望にお応えしますので、お気軽にご相談ください。

>>まきたのオーバーフロー水槽はこちら